自分だけではない|デリケートゾーンの小陰唇肥大の悩みは小陰唇縮小手術で解消

デリケートゾーンの小陰唇肥大の悩みは小陰唇縮小手術で解消

ウーマン

自分だけではない

お尻

女性は見た目だけではなく、普段人に見られない部分でも気にしてケアをしています。しかし、デリケートゾーンには自分ではどうすることも出来ない悩みもあります。その中の一つに「小陰唇肥大」というものがあります。小陰唇肥大の悩みを抱えている人の中には、性生活に自信を持てず、パートナーとうまくいかなくなってしまうことがあります。他にも友達と温泉に行くとなると絶対に見られるとは限らないですが、小陰唇が大きいという悩みがあるというだけで気が引けてしまいます。小陰唇肥大や黒ずみがあると「男性経験が豊富で遊んでいる」と思い込んでいる人も中にはいるようなので、なかなか人には言えないことでもあります。その小陰唇肥大の原因はさまざまな相手と遊んでいるのではなく、ホルモンの関係や先天性的なものと考えられています。はっきりとした原因は解明されていませんが、その大きさや形、色も人それぞれです。普段の生活で人と比べることはありませんので、自分の小陰唇がどのくらいの大きさなのかなんて分かりません。一般的な大きさとしては、膣口から外側までの幅が約2cmだと言います。2cm以上の大きさになると小陰唇肥大という判断がされます。このような悩みを抱えている人は「小陰唇縮小」という手術を受けてコンプレックスを解消している人もいます。一人でずっと悩んで性生活に自信のない人は一度小陰唇縮小手術について調べ、小陰唇肥大について相談できる近くのクリニックを探してみましょう。相談するだけでも自分だけではないということが分かり、少し心が前向きになります。