手術の流れを調べる|デリケートゾーンの小陰唇肥大の悩みは小陰唇縮小手術で解消

デリケートゾーンの小陰唇肥大の悩みは小陰唇縮小手術で解消

ウーマン

手術の流れを調べる

婦人

小陰唇肥大の悩みを抱えている人は少なくはありません。その小陰唇肥大で悩んでいる人が持つ悩みはさまざまです。やはり一番の悩みは大きさですが、そのほかに黒ずんでいることで悩んでいる人も多くいます。そのような悩みからパートナーとの性生活に自信が持てない人もいます。形が気になるので整えたい人、小陰唇肥大によりそれが引っ張られた感覚や下着を履いた時の圧迫感などを感じ、普段の生活に支障が出てしまう人もいます。そのような悩みを解決するために、小陰唇縮小手術を行っているクリックがあります。手術方法は、切開手術、もしくはレーザー手術があります。入院する必要はありませんので手術をしたその日に帰ることができます。

手術の流れとしては、まずは小陰唇肥大の悩みを相談して、カウンセリングを行います。しっかりとしたカウンセリングを受け、自分がどのような状態でどのような手術を受けるのかをしっかりと確認しましょう。手術前の不安があればカウンセリングの段階ですべて医師に確認し、不安を取り除いてから手術を受けましょう。手術では、局所麻酔か全身麻酔をします。局所麻酔だと意識がありますので、その場の雰囲気にのまれると不安を感じる場合があります。心配な人は全身麻酔をして手術を受けるといいでしょう。手術では切開またはレーザーを使用した手術で切り取りその後、縫い合わせを行います。縫い合わせに使用する糸は時間が経つと溶ける糸を使用するクリニックもあれば、溶けない糸を使用し、数日後に抜糸を行うところもあります。希望の手術方法、使用する糸の種類があれば、前もって調べたうえでクリニックを探しましょう。